カレンダー
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
前月

新着記事
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第4巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」緊急告知!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」最終回!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」銃口のその先に…
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」デッドリミットまであと45分!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第3巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」因縁の戦場
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」交錯する光条!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」ア・バオア・クー戦!
「機動戦士ガンダム戦記 PlayStation®3 the Best」

カテゴリー
関連情報
制作日記
アッガイぶらり旅
ミッション攻略
オンラインプレイ特集
ディレクター浪川の開発こぼれ話
ダウンロードコンテンツ配信情報
アッガイの小ネタアドバイス
マオとフィリーネのカスタマイズ情報
デモパート制作こぼれ話

過去の記事
記事がありません。

ケータイブログ


角川書店ガンダム公式サイト:ガンダムベース
ASCII.jp × 機動戦士ガンダム戦記
ガンダムクロニクルバトライン


HGUC「フルアーマーガンダム7号機」塗装してみました!
[関連情報] / [2009-09-28 12:25:14]

こんにちは!バンダイナムコゲームス ビジュアルデザイナーのTです。
この前のブログに刺激され、週末を利用して作っちゃいましたFA7号機!






全体にサーフェイサーを吹いて表面処理を施したあと、ラッカー系塗料グラデーション塗装を行ない(模型用語で言うと、いわゆるM○X塗りですね)、細部ディテールにはエナメル系塗料スミ入れと、素材の良さを活かしてオーソドックスな作りとしています。あとは頭部アンテナのエッジをシャープにした程度で、形状は基本的にはいじってません。




色調はゲーム中モデルを基本にしつつも、それより僅かに彩度を落とした感じでまとめてみました。



素組みの構図に似せて撮影したのが上の画像。バーニアの数といいテールスタビライザーといい、バックビューも相当迫力あります。
ゲーム制作に携わっていると「バックビューのデザインって大事だなあ」とよく思います。アクション系ゲームの場合、どうしても後ろからの構図が多くなりがちですからね。

2枚上の画像も、あれだけのボリュームが背部に集中しているにも関わらず、安定感があるのがいいですね。



HGUCスケールとはいえ、もともとのディテールに情報量が多いので、ちょっとスミ入れするだけでこんな感じに仕上がります。平手(シールド側の手)の表情のついた形状もいい感じです。




最後は戦闘態勢の構図で。いや、やっぱいいですよこのモデル!重装フルアーマーガンダムが欲しくなっちゃいますね!



この記事のURL
http://0081.b-ch.com/blog/0081/archives/1996